お宮参り・百日祝い

  1. ホーム >
  2. お宮参り・百日祝い

お宮参り・百日祝いの撮影

お子様のお誕生、まことにおめでとうございます。目に入れても痛くないほど可愛い宝物を授かった喜びは、 何物にも代えがたいものでしょう。生まれてまもない赤ちゃんも、毎日めまぐるしく変化しあっという間に 成長していきます。赤ちゃんのときだけの特別に可愛いお顔をしっかりカメラに収めておきませんか?

鹿児島の写真館「写楽館」では、赤ちゃんの誕生の節目である「お宮参り」「百日祝い(お食い初め)」の 撮影を承っています。泣いた顔、笑った顔、怒った顔、どんな顔もかけがえのない一生の想い出に なるはずです。今しか撮れないとびきりの表情を形に残してみませんか?

当館オススメ!キャンペーン情報

お宮参り・百日祝いとは?

赤ちゃん
百日祝い(お食い初め)
赤ちゃんが無事に生後1ヶ月目を迎えたことを産土神(うぶすながみ)に感謝し、
これからの赤ちゃんの健やかな成長を願うために行われる儀式です。
産土神とは生まれた 土地を守る神であり、本貫(先祖の発祥地)に祀られている神社に
お参りして赤ちゃんの 誕生に感謝し健やかな成長を祈ります。お宮参り後は仕出しの料理を頼んだり、外食に 行ったりしてお祝い膳を囲みます。
地域によっては、お宮参りに行く前後に近隣の知人や親類、お世話になった人々の自宅に伺い、赤ちゃんの 紹介を兼ねて挨拶回りをしながら、紅白餅、お赤飯、お菓子などを配るところもあるようです。
たい
百日祝い(お食い初め)
百日祝いは、赤ちゃんの生後100~120日目の間に行われるお祝いの 儀式です。生後100日目を過ぎた乳歯が生え始め出す時期にお祝い膳を 用意し、「これから食べることに困らないように」との願いを込めて、 赤ちゃんに食べさせる真似をします(お食い初めの儀式)。
赤ちゃんの長寿を願う意味が込められているので、赤ちゃんに食べさせるまねをするのは長寿の方が 望ましいと言われています。

お祝い膳の献立

当館だから撮れる“にこにこ”いっぱいの写真!

赤ちゃん

赤ちゃんの笑顔はみんなを笑顔にする魔法のようなもの。
その笑顔を最大限に引き出すことができるのが、鹿児島の写真館「写楽館」です。当館スタッフは、赤ちゃんをあやし可愛らしい自然な表情撮るのが上手です。また、この機会におばあちゃん、おじいちゃんの一緒に家族写真を撮るのもおすすめですよ!

起きているときに撮りたい、グズらない時間帯にしてほしいといったご要望にも柔軟に対応いたしますので、 お気軽にご相談ください。

ハーフバースデーや1歳までのお誕生日など、お得なプランもご用意しておりますので、お気軽にお尋ねください。

料金表はこちらでチェック

ギャラリー

【衣装ギャラリー】 男の子・お宮参り(お参りOK)

【衣装ギャラリー】 女の子・お宮参り(お参りOK)

【衣装ギャラリー】 お宮参りドレス(スタジオ限定)

【衣装ギャラリー】 1歳迄・男の子(スタジオ限定)

【衣装ギャラリー】 1歳迄・女の子(スタジオ限定)

その他ギャラリーはこちら